先輩の声

現場で働く先輩へ、この仕事を始めたきっかけや
働いてみて気づいた仕事のやりがいなどを聞いてみました!

学べる環境を活かし、
出来ることを増やしたい。

髙橋理沙さん

特別養護老人ホーム清水坂あじさい荘介護職員

介護の仕事を始め、まだまだ勉強途中ではありますが、日々の利用者様との関りや先輩方からのご指導、研修を通して当時と比べ随分成長したと感じます。忙しい中でも笑顔で明るく接し、落ち着いた時間には利用者様とゆっくりお話することで、伝え方や察知する能力を深めることが出来ました。利用者様から感謝された時は非常に嬉しく、この仕事にやりがいを感じます。北区社会福祉事業団は様々な事業展開をしているので、他分野に対しても学ぶことが多いです。常に新しい情報を得られる環境を活かし、より良い支援形態をつくるためスキルアップしていきたいです。

髙橋理沙さん

明るい雰囲気をつくる。
それが介護の第一歩。

杉浦力輝さん

特別養護老人ホーム上中里つつじ荘介護職員

施設の実習で職員と入居者様の温かい関係性に感動し、介護福祉士の道に進みました。私が心がけていることは『明るい気持ちで接すること』です。入居者様は悪い雰囲気に敏感なので、積極的なコミュニケーションで雰囲気を明るくし、過ごしやすい環境づくりを行なっています。トラブルが起きないよう、日常のケアをしっかりと行い、入居者様の笑顔を守ります。人のために考え、働くことが介護福祉士としてのやりがいだと感じています。今後はもっと入居者様の笑顔を引き出せるよう、新しい技術や知識を取り込み、得たものを周りに伝えていける人材になりたいです。

杉浦力輝さん

向き合い共に考えることで、
自信溢れる笑顔に導く。

渡邊恭兵さん

王子福祉作業所生活支援員

支援には正解がありません。アプローチの期間や方法など利用者様一人ひとりに合う支援を考え、実践することはとても難しいです。しかし、真摯に利用者様の将来像を考えて支援をすることで、利用者様がどんどん成長し、「相談してよかった」と笑顔になっていく姿にやりがいを感じます。生活支援員はその後の人生に影響を与える責任ある仕事です。今以上に福祉サービスの質を高め、満足度を上げることで利用者様とそのご家族が安心して施設を利用できるようにしていきたいです。そして時代や環境の変化に柔軟に対応し、利用者様にとって最善の提案をしていきます。

渡邉恭平さん

知識と経験を活かし、
新たな介護を探求する。

藤澤衣里子さん

特別養護老人ホーム上中里つつじ荘介護職員

特別養護老人ホームは生活の場であるため、快適な “住”を提供出来るよう一人ひとりを尊重したサービスを行なっています。介護が作業になってしまわぬよう、常に初心に戻り“入居者様のための介護”を徹底しています。10年以上この仕事を続けていますが、「ありがとう」のお言葉や入居者様からの信頼を感じる瞬間が一番嬉しく、日々のやりがいとなっています。これから世代も代わり、介護のあり方も変わりつつあります。常に何が最善かを考え、新しくすべきところは変え、従来の良いところは残しつつ、その方にあった介護を考えていきます。

藤澤衣里子さん